ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2017年11月21日

【CentOS7コマンド】IPアドレス確認、デフォルトゲートウェイなど

20171121_cenos7_vmwarePlayer.jpg

CentOS7から、コマンドがガラッと
変ってしまったみたいです。


以前のコマンドが使えなくなっているようです。

CentOS7
IPアドレスの確認するコマンド

ip a

デフォルトゲートウェイの設定確認コマンドが

ip r

ネットワークの再起動
systemctl restart network.service

ファイアウォールのステータス確認、停止
systemctl status firewalld
systemctl stop firewalld

ネットワークを
GUI?から設定する画面表示コマンド
nmtui
CentOS7では、これが推奨されているとか?
20171121_cenos7_vmwarePlayer1.jpg

直接ファイル編集も
ifcfg-eth0」できますが

仮想マシンで
CentOS7を構築して

ホストOSと疎通確認

外部へPING送信するために

この上記のコマンド

何度も何度も

コマンド実行する事になったので

その中でも

最も

ネットワークの再起動コマンド

systemctl restart network.service

このコマンドが
成功するか?
失敗するかで

上手くいっている?

順調に進めていないって

判断できる感じ

何度も何度も
コマンド実行する事になりました。


シャットダウンコマンド
systemctl poweroff

再起動コマンド
reboot
systemctl reboot

コマンドを見て
本とかネットなどで
「CentOS7」か

それ以前のバージョンかって?
判断できるようになっていますね。
posted by Linux at 07:28 | 神奈川 ☀ | CentOS7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ブリッジ接続】VMware PlayerでCentOS7ネットワーク設定IPアドレス

20171121_windows7_centos7_1.jpg

VMware Playerを使ってCentOS7を仮想マシンに
ゲストOSに

ホストOSは
Windows7の32ビット

「VMware Player」の設定では
ブリッジ接続がよさそうなので

ホストOSとゲストOSの
疎通確認ができる

外部からも仮想マシン上のゲストOS
CentOS7にもアクセスできるとか

やっぱり、仮想マシンとして
「VMware Player」を使って
いや「VirtualBox」を使っても

ネットワーク設定が
ポイントになりそうです。


ホストOSとゲストOS
あとは
「VMware Player」の設定も

IPアドレス
デフォルトゲートウェイ

どの値を使うかって?

これが一番のポイントになっているようです。

ブリッジ接続」では
同じネットワークになるように
「IPアドレス」を設定する事。

ホストOSのWindows7
192.168.1.xxx
ゲストOSのCentOS7についても
192.168.1.TTT

このような感じで
IPアドレスを同じネットワークに属するように
設定する必要がります。

あとは、デフォルトゲートウェイ
こちらは
ホストOSと
ゲストOSは
同じ値を設定

ホストOSで
ipconfigコマンドで
デフォルトゲートウェイの値を取得


確認して
CentOS7にも同じ値を設定する。

そうそう
今回
VMware Playerを使ってCentOS7を仮想マシンに
Windows7のノートパソコンに作ってみようと

個人的に環境構築を
自宅で作ったので

Windows7の
IPアドレスの取得DHCPです。
20171121_windows7_centos7.jpg

IPアドレスを自動的に取得する

DNSをサーバーのアドレスを自動的に取得する
これをこのまま
ホストOSのWindows7では

Windows7の「DHCP」ですが
コマンドプロンプトから
ipconfigで
IPアドレスを確認して

その値を

ゲストOSである、
CentOS7にも
192.168.1.xxx
ゲストOSのCentOS7についても
192.168.1.TTT

あれ?

固定IPアドレスで設定には
この流れでしたが

そうそう、
今回は

Windows7の「DHCP」でIPアドレス取得

そして、ゲストOSのCentOS7の方でも「DHCP」でIPアドレスを取得

そうそう、デフォルトゲートウェイのみ
ゲストOSのCentOS7に
設定しました。

Windows7で確認した
デフォルトゲートウェイの値を

という事で

ゲストOSとホストOSともに
「DHCP」でIPアドレスを取得するように

ネットワーク設定で

「ブリッジ接続」が上手くいく事が確認できました。

ホストOSとゲストOSとの間で
PING送信が可能になる。
双方とも

あとは、
TeraTermで
ゲストOSのCentOS7にログインできるという事。

今回の環境構築では
やっぱり、IPアドレスどうすれば?
ネットワーク設定は?

これが一番のポイントになりました。

ホストOSのWindowsがDHCPで
ゲストOSも同じくDHCPで

うまく設定できるって

グローバルIPアドレスないから

これしかない?
のかなって

posted by Linux at 06:41 | 神奈川 ☀ | VMware Player | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月17日

【CentOS7】インターネット接続できない?Windows7の環境に要因?

20171017_centos7_internetto_tunagaranai.jpg

仮想環境のCentOS7からインターネット接続ができません・・・
Windows7の32ビットのノートパソコンに

「VMwarePlayer」を使って
CentOS7環境を構築したのですが

インターネットでいろいろ検索して
色々変更したり追加したりしていますが・・・
まだ解決していません

CentOS7からインターネット接続が出来ないって事が・・・

まず、どの環境の設定に
変更が修正が必要なのやら??

Windows上の変更かな?
20171017_centos7_internetto_tunagaranai1.jpg


20171017_centos7_internetto_tunagaranai2.jpg



それとも?
CentOS7側??

さらに「VMwarePlayer」も??

自宅のWindows7の32ビットのノートパソコン
にCentOS7だから

Windows7では
DHCPでIPアドレス取得しているけど

うーん、このIPアドレスとか


ネットワーク設定が

CentOS7にも

インターネット接続できない要因があるような気がしていますが・・・
posted by Linux at 05:42 | 神奈川 ☔ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月15日

【CentOS7】ifcfg-eth0表示されない、「CentOS.vmx」ファイル変更で

20171015_centos7_vmplayer_win7.jpg


CentOS7から、インターネット接続ができません。
Windows7の32ビットのパソコンに
VMwarePlayerを入れて、「CentOS7」環境作れたけど

その「CentOS7」からインターネット接続できない・・・

解決に向けて
インターネット検索してみたら

「CentOS7」のコマンド
ip aコマンドの結果

・ifcfg-loしか表示されなくて

「ifcfg-eth0」が表示されるようになれば・・・

って思っていましたが


なんとか、
想定では
ip aコマンドの結果
「eth0」が表示されるようになると思っていたけど

別の値が表示されるようになりました。


今回表示されたのが
「ens33」
という値になります。

検索して見たコマンドや
「CentOS7」再起動
色々試したけど

全然
ifcfg-loしか表示されなくて

どうしたら表示されるようになるんだろうって・・・・

かなり想定外の
今回のip aコマンドの結果表示させるために

あらためて
実行環境としては

Windows7の32ビット
VMwarePlayerをインストールして

仮想化の環境として

CentOS7をインストールしました。

そうそう、今回

CentOS7がインターネットに接続できないという
解決のために

ネットで検索して見た所

なんとなんと

CentOS7の環境で実行でなく、修正でなくて

CentOS.vmxファイルの修正になりました。

このファイルは

WIndows7の環境にあるファイルになります。

「VMwarePlayer」から
CentOS7のインストール環境として指定した場所になります。
その中にある「CentOS.vmx」というファイル
20171015_centos7_vmplayer_win7_2.jpg


この「CentOS.vmx」というファイル

1行追加になります。

ethernet0.virtualDev = "eth1000"

まさか?と思いつつ

VMwarePlayerを起動して


CentOS7を起動させて

すぐに、ip aコマンドを入力すると


今まで表示できなかった

「ens33」が表示されるようになったんです。

「lo」しか表示されていませんでした。


本当は、ifcfg-eth0が表示されるようになるはず?って

ip aコマンドの結果としては

「eth0」になるはずって思っていましたが・・・


でも、もしかして

そのままCentOS7環境から

インターネット接続も??と思って

pingコマンドを入力してみましたが・・・・

まだping送信は、無理のようでした・・・


あとは、「nmcli device」コマンドも念のため
確認してみようと

今までは、
「lo」しか表示されなかったけど・・・

こちらにも

「ens33」が表示されるようになっていました。


まだ、VM Playerの仮想環境の

CentOS7からインターネット接続できない状態になりますが

ip aコマンドで

「ens33」が表示されるようになったので

一歩前進したのかなって・・・
posted by Linux at 14:12 | 神奈川 ☔ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【CentOS7】インターネット接続できない、ifcfg-eth0がない?新規

20171015_centos7_win732bit.jpg


CentOS7でインターネット接続ができない。
インストールの時に、設定していなかったような気が・・・
飛ばしてしまったのかな??

Windows7の32ビットのノートパソコンに
VMwarePlayerをインストールして
仮想化に、Linux(CentOS7)を作ったのですが

まさか、その「CentOS7」でインターネット接続ができないとは・・・
設定していない部分があるようですが


まず、この設定がされていないみたい。

CentOS7の
/etc/syscofig/network-scripts/


ifcfg-lo
しか表示されていないようです。

他に
ifcfg-xxなどがあるような感じですが、ネットを検索している感じでは

基本的には

/etc/syscofig/network-scripts/
配下には

ifcfg-eth0
というものがあるみたい

もしくは

ifcfg-ethxxxx
みたいなのが


それ自体が、今回のCentOS7には
ないみたいです。

だから

ip aコマンドでも

「ifcfg-lo」の部分しか表示されていないようです。
20171015_centos7_win732bit1.jpg


だとすれば

/etc/syscofig/network-scripts/
の配下に

「ifcfg-eth0」を作成してあげれば良さそうな感じだけど


どうしても

ip aコマンドで

「ifcfg-eth0」が表示されない


eth0を確認できないようです・・・


まだ、仮想環境の
CentOS7のインターネット接続できない状況が

解決できそうにありません・・・
posted by Linux at 08:50 | 神奈川 ☔ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月14日

【CentOS7】ネットワーク設定のもれ?インターネット接続できない

20171014_win7_32bit_centos7.jpg


CentOS7が、Windows7の32ビットのノートパソコンに
VMwarePlayerの上に仮想環境に作れたって思っていたら

なんか「CentOS7」のインストール画面

ネットワークの設定がなかった?気が付かなかった??

現在の

VMwarePlayer上の
「CentOS7」では

Pingが送信してもうまく届かないみたい・・・

という事は

ネットワーク設定をしていない状態のようです。


何回か、ネットで検索して

「CentOS7」の設定ファイル

修正していかないといけないようです。


既にいくつか

ネットで見て

設定ファイルとか

変更したりしていますが

まだまだ繰り返し、トライアンドエラー繰り返しが必要のようです。


そうそう、

Linuxのコマンド

ifconfigが
「CentOS7」ではないようです・・・

となると??

IPアドレスの確認には・・・・


ip a

このコマンドで
IPアドレスの確認などするようですね。


そうだったんだ・・・


ネットの記事を見る限り
「CentOS7」でも
インストールすれば


「ifconfig」使えるようになるようですが


現在、VMwarePlayer「CentOS7」では

インターネット接続できないし
いいかなって・・・

そうそう、


ip aコマンドを確認してみて

インターネット設定がされていない
というのが

このコマンドの結果

出力内容を見て

判断できるようですね。


この出力結果を見て

設定していない、設定もれって

これもネット上の記事に書いてありました。


そうそう、32ビットのWindows7のノートパソコン
自宅用のパソコンで
「VMware Workstation Player」

仮想環境で

Linux(CentOS7)の環境作るの

思った以上に

簡単にできました。

posted by Linux at 04:51 | 神奈川 ☔ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月13日

【32ビットWindows7】CentOS7(Linux)環境を自宅で構築してみたい

20171013_win7_32bit_centos7_2.jpg

Windows7のノートパソコンに、32ビットの
Linux環境を作ろうと


できれば、最新のバージョンがいいなって
検索してみて

CentOS7も、32ビットWindows7にも使えそうです。
VMwarePlayerを使って
仮想化で作りたいと思って

「iso」ファイルの事意識する必要があるのか?
DVDとか、書き込みできるもの持っていないし

もしかして、USBでいいのかなって・・・・

でも、32ビットWindows7に
「VMwarePlayer」をインストールして

仮想環境でCentOS7(Linux)作るなら

isoファイルのままで、これをしてしてあげればよかったような気も・・・

実際に自宅のノートパソコン(32bit)で
作成してみました。

まず、こちらはそのままデフォルトでインストール
VMware-player-6.0.7-2844087.exe

次に、CentOS7(Linux)をダウンロード
isoファイルを

32ビット版でも使えるのが
CentOS-7-i386-DVD-1611.iso

自宅のネット環境からダウンロードしたので
約6時間くらい
ダウンロード完了までかかってしまいました。

そして、ノートパソコンに
「CentOS-7-i386-DVD-1611.iso」をゲットできました。


VMwarePlayerを起動して
「CentOS-7-i386-DVD-1611.iso」を指定してあげて
20171013_win7_32bit_centos7_3.jpg


やっぱりこのままで
使えそうですね、isoファイルも

CentOS7のインストール画面が表示されて

20171013_win7_32bit_centos7.jpg

なんだか、記憶しているインストール画面より

少なかったような・・・・

なんとか、VMwarePlayerで

CentOS7できたようです。


GUI画面を想定していましたが

CUI画面ですが

20171013_win7_32bit_centos7_0.jpg


20171013_win7_32bit_centos7_1.jpg


Linuxリナックス.LPIC
posted by Linux at 07:20 | 神奈川 ☁ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月09日

【32ビットWindows7に】Linux環境構築を作りたい、VMwarePlayerで

32ビットのWindows7 Home Premiumノートパソコンに
Linux(CentOS7)を入れてみたい。


今回は、仮想化の上に
VMware Workstation Playerを入れて
その上に、Linux(CentOS7)を入れてみたい。自宅でやってみたいと思って

10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室
簡単過ぎる??いやいや、分からない事ばかりでした・・・

20171009_linux_server_win7_32bit.jpg


20171009_linux_server_win7_32bit1.jpg


20171009_linux_server_win7_32bit2.jpg


こちらの本では
仮想マシンとして
VirtualBox」を紹介されているようです。
20171009_linux_server_win7_32bit3.jpg


VMware Workstation Playerと
ほぼ同じ様な感じみたいですね。

仮想化するための
「VirtualBox」という事で



自宅で使っている、ノートパソコンに

32ビット」の
Win7のパソコンに

どれくらいできるのか?

しかも自宅でという事で


ネットで検索して見た感じでは
32bitを使っているので

今回は
VM Player
VMware-player-6.0.7-2844087.exe
CentOS7
CentOS-7-i386-DVD-1611.iso


ぜんぜん、Linuxの事
CentOSの事分からないので

紀伊国屋で

10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室

を買ってみました。

ネットで検索している時に目にした

「VirtualBox」を

この本
10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室

で使っているようですね。

ちょっと驚き。

もしかして、

最近は、仮想化といえば

「VirtualBox」という事になっているのかも??


でも、本を見る限り

VMware Workstation Player
とほぼ同じように使えそうな感じです。


やっぱり多少は
32ビットのWin7に
環境を作るって事で

ダウンロードする媒体
どのバージョンが使えるのかって?

出来るだけやっぱり最新のバージョンがいいけど

検索でいろいろ検索してみた感じです。








自宅のノートパソコンで
Linux環境作って

何がしたいって具体的にないんだけど

最近、Linux触っていない

コマンド使っていないから。
posted by Linux at 17:11 | 神奈川 ☁ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月17日

LPICレベル1を対象に、「これだけ押さえておけば合格する」という最重要ポイント

LPICレベル1を対象に、「これだけ押さえておけば合格する」という最重要ポイント[のみ]を厳選した解説と演習問題をお届けします。

単なる試験対策の知識ではなく、現場で役立つ知識を最短距離で効率よく学習するには、どのようにすればよいか、仕事をしながらゼロから3週間で確実に合格するための学習法を詳解しました。

さらに、LPIC取得者による合格体験記+業務での活用レポートも満載です!


これだけで突破「合格ライン」LPIC合格読本レベル1攻略 [ 中島能和 ]

価格:2,138円
(2014/10/17 17:58時点)
感想(0件)




これだけで突破「合格ライン」LPIC合格読本レベル1攻略 Version3.5対応


LPICレベル1を対象に、「これだけ押さえておけば合格する」という最重要ポイント
posted by Linux at 18:00 | 神奈川 ☀ | LPI レベル1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月01日

windowsで、grepコマンドが使えるなんて

windowsのパソコンでgrepコマンド
windowsコマンド

windowsで、grepコマンドが使えるなんて
知りませんでした。

grepコマンド使うには、grep.exeを
C:\Windowsの直下に配置するのみ。


grep.exeを入手するには、下記から。

Windows版Grep(コマンドライン用)
コマンドラインから起動するGrep 正規表現にも対応 オプションでフォルダ内を再帰的にGrep出来る
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se365621.html


上記から、grep.lzhをダウンロード
grep.lzhを展開?解凍?
すると、grep.exeができます。

このgrep.exeをC:\Windowsの直下に配置する。

コマンドプロンプトでgrepと入力し
enterキーを押すと、grepが使えることが確認できます。


検証環境は
win7です。


windowsで、grepコマンド
C:\Windowsの直下に配置するのみ。
grep.exe
windowsコマンド

Linuxリナックス.LPIC
posted by Linux at 04:39 | 神奈川 ☁ | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月11日

LPI(Level1,2) 受験バウチャー

101/102/201/202のいずれかを受験できる専用バウチャー (額面15,000円税抜)
受験バウチャーの改訂

【ピアソンVUE専用】LPI(Level1,2)専用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:15,750円
(2014/2/11 08:51時点)
感想(63件)



受験バウチャーの改訂 LPI(Level1,2)
101/102/201/202のいずれかを受験できる専用バウチャー (額面15,000円税抜)

※商品発送後のキャンセルは一切できませんので、注文確定前に商品の種類・数量をご確認ください
【ピアソンVUE専用】LPI(Level1,2)専用受験チケット(電子チケット)【RCP】


LPICの受験するなら
受験バウチャー

Linuxリナックス.LPIC
posted by Linux at 08:54 | 神奈川 ☁ | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった2日でわかるLinux

Linuxの仮想マシンが用意されているから、自宅のマシンで簡単・安全に学習環境を整えられる!(仮想マシンのダウンロードサービス付き)。

たった2日でわかるLinux [ 中島能和 ]

価格:2,310円
(2014/2/11 08:47時点)




たった2日でわかるLinux 自宅のWindows or MacでOK!


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
Linuxの仮想マシンが用意されているから、自宅のマシンで簡単・安全に学習環境を整えられる!(仮想マシンのダウンロードサービス付き)。Linuxを始める上での最重要項目を厳選してあるから、たった2日間で学習できる!だから…はじめてLinuxを触る人も、今までLinuxの学習に挫折したことがある人も、これならLinuxの基本が身につきます!

【目次】(「BOOK」データベースより)
0日目(学習環境の準備)/1日目(Linuxの基礎知識/Linuxの基本操作/ファイルとディレクトリ/シェルとコマンド操作/ネットワークの活用)/2日目(ユーザーの管理/ソフトウェアのインストール/システムの管理/Webサーバー)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中島能和(ナカジマヨシカズ)
Linuxやオープンソース全般の教育、教材開発に従事。現在、リナックスアカデミー専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


Linuxの仮想マシンが用意されているから、自宅のマシンで簡単・安全に学習環境を整えられる!
Linuxリナックス.LPIC
タグ:Linux
posted by Linux at 08:50 | 神奈川 ☁ | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC