ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2011年09月21日

LPI(Level1,2)専用受験チケット(電子チケット)

LPI(Level1,2)専用受験チケット(電子チケット)

【プロメトリック専用】LPI(Level1,2)専用受験チケット(電子チケット)

商品番号 J10601
当店販売価格 15,750円 (税込) 送料込









●本受験チケットのご使用にあたって

【ご利用について】
本受験チケット(バウチャー)番号は、プロメトリック公認テストセンター(APTC)で受験
されるLPI試験1科目につき1回限りご使用になれます。
試験予約時、受験チケット(バウチャー)番号と有効期限を必ず記入または入力して下さい。

【有効期限について】
有効期限内に受験を完了して下さい。有効期限を過ぎますとご利用いただけません。
試験予約は、有効期限の3営業日前(受験日が土日祝日の場合は4営業日前)には
完了しておく必要がありますので予めご注意下さい。
有効期限の延長・変更はできません。

【その他】
いかなる方法にせよ、記載内容が改ざんされた場合は、本受験チケット(バウチャー)
番号は無効となります。
本受験チケット(バウチャー)番号の換金また払い戻しはできません。
認定期間及びプロメトリック株式会社との間に、契約等の取り決めがある場合を除き
本受験チケット(バウチャー)の再販は禁止されています。
以下に記載する企業・団体以外からバウチャーチケットを購入したことによって
生じるいかなる損失に対しても、認定機関・プロメトリック株式会社及び当店は一切責任を負いません。
 ■認定期間
 ■プロメトリック株式会社
 ■認定期間及びプロメトリック株式会社との間に契約等の取り決めがある企業・団体
第3,4項の注意事項に違反した場合、及び事前の予約変更・取り消し無く当日欠席
した場合、本受験チケット(バウチャー)は無効になります。
認定期間・プロメトリック株式会社及び当店は、本受験チケット(バウチャー)番号の
紛失、盗難には一切責任を負いません。

・詳細につきましては、プロメトリック株式会社Webサイト内「受験チケット(バウチャー)
 利用約款」をご覧下さい。


SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Oracle オラクル試験を受験
Oracle認定 SJC-Pは1710円安く受験しましょう


posted by Linux at 07:11 | 神奈川 ☔ | LPI レベル1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LPICレベル1試験概要

LPICレベル1試験概要

認定名 LPICレベル1
各試験の正式名称 101試験: LPI Level1 Exam 101
102試験: LPI Level1 Exam 102
認定証表示名 LPIC-1
受験のメリット

LPICレベル1は、「ファーストレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。
Linuxの基本的な操作とシステム管理を行ったり、Linuxディストリビューションを利用したりするために必要な知識を幅広く問う問題が出題されます。
LPICレベル1に認定された方は、実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるエンジニアであることを証明できます。また、基本的な業務に直結する内容なので、お客様に対してはLinuxの知識を持つエンジニアとしての裏付けになります。

LPICレベル1では、以下の基礎的なLinux操作についての技術的なスキル指標を確認できます。

実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行える。
Linuxサーバ環境の構築・運用・保守をするための必要な操作とシステム管理ができる。
Linuxディストリビューションを利用するために必要な知識がある。
基礎的なLinux操作について、知らないところ及び覚えないといけないところを確認し、習得できる。

LPIC認定エンジニアは、Linuxサーバ環境の構築・運用・保守、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、データセンター構築、Linuxや組込み系のソフトウェア開発業務、SE営業職、IT研修インストラクターなど、幅広い職種で活躍できます。
望まれるスキル

Linuxコマンドラインで作業を行う
ユーザの支援、大規模システムへのユーザの追加、バックアップとリストア、停止と再起動といった、簡単な保守作業を実行する
(Xを含む) ワークステーションのインストールと設定や、そのワークステーションのLANへの接続、またはモデム経由でのスタンドアロンPCのインターネットへの接続を行う

前提条件 受験のための実務経験や前提資格保有条件はありません。


試験実施方式 試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。
コンピュータを使い、オンラインで約60問の解答を入力します。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。
※ 団体受験用にペーパーテスト(PBT)もございます。

認定要件 「101試験」と「102試験」の2試験に合格するとLPICレベル1に認定されます。受験する順番はどちらからでも構いません。

※ 認定されるためには、2試験(101試験と102試験)を5年以内に合格する必要があります。
posted by Linux at 07:08 | 神奈川 ☔ | LPICレベル1試験概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3週間完全マスターLPICレベル1 リリース3

3週間完全マスターLPICレベル1 リリース3

LPICレベル1受験者向けに、丁寧な解説と模擬問題をバランスよく構成。初心者でもこの書籍を一通り読み進めていけば、十分に試験に受かることが可能な実用的な学習書。









SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Oracle オラクル試験を受験
Oracle認定 SJC-Pは1710円安く受験しましょう
posted by Linux at 07:04 | 神奈川 ☔ | LPI レベル1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。