ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2011年09月05日

LPI認定試験LPICレベル1《101/102》リリ-ス3対応〈最短合格〉テキスト

LPI認定試験LPICレベル1《101/102》リリ-ス3対応〈最短合格〉テキスト

ハードウェアとアーキテクチャ/Linuxのインストールとパッケージ管理/GNU & UNIXコマンド/デバイス、Linuxファイルシステム、FHS/起動、初期化、シャットダウン、ランレベル/Xに関する事項/印刷/シェル、スクリプト、プログラム、コンパイル/SQLコマンドによるデータ管理/システムの管理/ネットワークの基礎/ネットワーク・サービス/セキュリティ

Linuxリナックス.LPIC






【内容情報】(「BOOK」データベースより)
LPICレベル1の最新バージョンであるリリース3に対応した「資格取得対策本」。LPICが規定している広範な出題範囲の中から、重要度が高い項目や出題頻度の多いトピックを重点的に解説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ハードウェアとアーキテクチャ/Linuxのインストールとパッケージ管理/GNU & UNIXコマンド/デバイス、Linuxファイルシステム、FHS/起動、初期化、シャットダウン、ランレベル/Xに関する事項/印刷/シェル、スクリプト、プログラム、コンパイル/SQLコマンドによるデータ管理/システムの管理/ネットワークの基礎/ネットワーク・サービス/セキュリティ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中島能和(ナカジマヨシカズ)
LPI認定試験対策書籍や各種セミナーを通じて、LPI認定の啓蒙活動を行っている。Linuxをはじめとするオープンソース教育を手がける株式会社リナックスアカデミーの専任講師

橋本智裕(ハシモトトモヒロ)
システムエンジニアとしてLinuxを利用したシステム開発に数多く携わる。また、企業向け技術研修など、Linuxやネットワークに関する数多くの研修実績を有する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Oracle オラクル試験を受験
SJC-Pは1575円安く受験しましょう


posted by Linux at 05:56 | 神奈川 ☀ | LPI レベル1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。