ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2013年07月01日

完全合格LPIC「101・102」レベル1 テキスト+問題集で合格力が身につく

例題中心の実践的な解説と見やすいデザイン。練習問題+模擬問題3セット+WEB追加1セット。豊富な操作例でLinux初心者にもよくわかる。

完全合格LPIC「101・102」レベル1 [ 永尾秀仁 ]

価格:3,360円
(2013/7/1 13:05時点)
感想(0件)




完全合格LPIC「101・102」レベル1 テキスト+問題集で合格力が身につく

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
例題中心の実践的な解説と見やすいデザイン。練習問題+模擬問題3セット+WEB追加1セット。豊富な操作例でLinux初心者にもよくわかる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 システムアーキテクチャ/2章 Linuxのインストールとパッケージ管理/3章 UNIXのコマンド/4章 デバイス、ファイルシステム、FHS/5章 シェル、スクリプト、データ管理/6章 X Window System/7章 管理業務/8章 重要なシステムサービス/9章 ネットワークの基礎/10章 セキュリティ/模擬問題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中島能和(ナカジマヨシカズ)
Linuxやセキュリティ、オープンソース全般の教育や教材開発に従事

永尾秀仁(ナガオヒデヒト)
現在LinuxアカデミーにてLinuxエンジニアの育成のため主任講師を務める。もともとは、メインフレームの基幹業務オペレーション、SE、プログラマーとして多くの大手企業向けシステム開発業務に従事していた

安西祐子(アンザイユウコ)
株式会社アルクシステム2部部長補佐。文系の大学を卒業後、ソフトウェア開発企業にてLinux/UNIXをベースとしたシステム開発や、組み込みLinuxを使用したアプリケーション開発に従事する。そこでLinuxに興味を持ち知識を深めLPICレベル3を取得。その後業務の合間を縫ってLPI-Japanにて、講演やチューター活動など、エンジニアの支援に積極的に力を注ぐ

興津知養子(オキツチヨコ)
株式会社日立インフォメーションアカデミーで、Linuxのシステム管理、サーバ構築、LPIC試験対策など、Linux関連講座の講師、およびテキスト開発を担当。その他にも、IT基礎教育、ネットワーク、セキュリティ、日立製品(IAサーバ)の講座の講師も担当している

濱田美奈子(ハマダミナコ)
NECネッツエスアイ株式会社ネットワークインフラ事業本部事業企画室人材開発部システムエンジニアとして、Linux/UNIXをベースとした基盤系システムの提案・設計・構築、サポートサービスを経験。現場経験を通じてLinux/UNIXを体系的に学ぶ必要性を感じ、インストラクター業へ転身する。現在は、NECネッツエスアイにて、社内インストラクタとしてLPIC資格対策講座、新入社員研修を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




完全合格LPIC「101・102」レベル1 テキスト+問題集で合格力が身につく

Linuxリナックス.LPIC
posted by Linux at 13:08 | 神奈川 ☁ | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。