ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2017年10月09日

【32ビットWindows7に】Linux環境構築を作りたい、VMwarePlayerで

32ビットのWindows7 Home Premiumノートパソコンに
Linux(CentOS7)を入れてみたい。


今回は、仮想化の上に
VMware Workstation Playerを入れて
その上に、Linux(CentOS7)を入れてみたい。自宅でやってみたいと思って

10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室
簡単過ぎる??いやいや、分からない事ばかりでした・・・

20171009_linux_server_win7_32bit.jpg


20171009_linux_server_win7_32bit1.jpg


20171009_linux_server_win7_32bit2.jpg


こちらの本では
仮想マシンとして
VirtualBox」を紹介されているようです。
20171009_linux_server_win7_32bit3.jpg


VMware Workstation Playerと
ほぼ同じ様な感じみたいですね。

仮想化するための
「VirtualBox」という事で



自宅で使っている、ノートパソコンに

32ビット」の
Win7のパソコンに

どれくらいできるのか?

しかも自宅でという事で


ネットで検索して見た感じでは
32bitを使っているので

今回は
VM Player
VMware-player-6.0.7-2844087.exe
CentOS7
CentOS-7-i386-DVD-1611.iso


ぜんぜん、Linuxの事
CentOSの事分からないので

紀伊国屋で

10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室

を買ってみました。

ネットで検索している時に目にした

「VirtualBox」を

この本
10日でおぼえる
Linuxサーバー入門教室

で使っているようですね。

ちょっと驚き。

もしかして、

最近は、仮想化といえば

「VirtualBox」という事になっているのかも??


でも、本を見る限り

VMware Workstation Player
とほぼ同じように使えそうな感じです。


やっぱり多少は
32ビットのWin7に
環境を作るって事で

ダウンロードする媒体
どのバージョンが使えるのかって?

出来るだけやっぱり最新のバージョンがいいけど

検索でいろいろ検索してみた感じです。








自宅のノートパソコンで
Linux環境作って

何がしたいって具体的にないんだけど

最近、Linux触っていない

コマンド使っていないから。
posted by Linux at 17:11 | 神奈川 ☁ | win7にCentOS7を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。