ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2012年08月28日

LPICレベル3 Linux技術者認定資格試験学習書

LPICレベル3 Linux技術者認定資格試験学習書
LINUX科書








LPICレベル3 Linux技術者認定資格試験学習書


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
売上No.1!LPI認定テキスト。試験を知り尽くした著者による、信頼の学習書。これ1冊で上級レベル試験に合格。

【目次】(「BOOK」データベースより)
LPI認定試験の概要/第1部 301試験(LPI 301 Core Exam)(301試験の概要/ディレクトリサービスとLDAP/OpenLDAPの概要とインストール/OpenLDAPへのアクセス/OpenLDAPの応用的な設定/LDAPによるアカウント情報の集中管理/LDAPと各種サービスとの連携/キャパシティプランニング/301模擬試験)/第2部 302試験(LPI 302 Mixed Environment Exam)(302試験の概要/Sambaのインストールと基本設定/Sambaの認証とユーザー管理/ファイル共有/プリンタ共有の設定/ブラウジングと名前解決/SambaとWindowsドメインとの連携/Sambaによるドメインコントローラの構築/Sambaのクライアント機能/302模擬試験)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
濱野賢一朗(ハマノケンイチロウ)
株式会社NTTデータにて、オープンソースソフトウェアを中心とした技術支援業務を担当する。Linux/オープンソースの普及・発展には技術者の育成が欠かせないと考え、情報提供や教育などの活動を行っている。日本Sambaユーザ会や日本LDAPユーザ会の発足や運営にもかかわっている

高橋基信(タカハシモトノブ)
長年にわたり、株式会社NTTデータにて、システム構築技術全般に関する支援業務に従事する。UNIX、Windows両プラットフォームを含む技術支援業務に従事する中で、接点ともいうべきSambaに関する造詣を深める。1999年の日本Sambaユーザー会発足時より中核メンバとして活動。国内におけるSambaの第一人者として普及、発展に努める

中島能和(ナカジマヨシカズ)
Linuxやセキュリティ、オープンソース全般の教育や教材開発に従事。現在、リナックスアカデミー専任講師。「LPICを楽しむblog」でLPICやスキルアップに関する情報を発信。個人サイトでも技術情報等を発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

LPICレベル3 Linux技術者認定資格試験学習書
エクセルマクロ成功法 Excel2010
posted by Linux at 21:28 | 神奈川 ☁ | LPICレベル3 Linux技術者認定資格試験学習書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。