ピアソンでは、各試験を下記の番号で呼びます。
試験名 ピアソンVUE
117-101 LPI Level1 Exam 101 117-101
117-102 LPI Level1 Exam 101 117-102
117-201 LPI Level2 Exam 201 117-201
117-202 LPI Level2 Exam 202 117-202
117-301 LPI Level3 Exam 301 117-301
117-302 LPI Level3 Exam 302 117-302
117-303 LPI Level3 Exam 303 117-303
117-304 LPI Level3 Exam 304 117-304
1試験あたり15,750円(税込)です。
※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。
最近の記事
2014年01月28日

historyコマンド r 履歴番号

hp uxでhistoryコマンドで履歴番号のコマンドを実行する

historyコマンドを実行し
履歴コマンドと履歴番号が表示されます。

hp uxでは、「!履歴番号」で実行できない?

ho uxで、historyコマンドで履歴番号のコマンドを実行するには
「r 履歴番号」

「r」 スペース 履歴番号でhistoryコマンドで表示した
履歴コマンドを実行できます。



hp ux historyコマンド 履歴番号
「r 履歴番号」

Linuxリナックス.LPIC
posted by Linux at 06:17 | 神奈川 ☁ | hp-uxコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月25日

hp ux コマンドを検索する際

hp ux コマンドを検索する際

ksh Korn Shell
hp uxのデフォルトのもの?とのキーワードで
検索すると、少しはヒットする?
タグ:ksh Korn SHELL
posted by Linux at 17:32 | 神奈川 | hp-uxコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hp ux コマンドがなぜ、検索にヒットしない?

hp ux コマンドがなぜ、検索にヒットしない?

OSがhp uxの現場に入って約2ヶ月です。
red hat(レッドハット)を多少触った事あるから
hp uxもそこそこやれるはず。

同じ、UNIX系、LINUX系だしいけるはず。
全部のコマンド分かるわけじゃないけど
検索すれば、だいだいのコマンドはいけるだろう。

・・・が、本当にスタートの
前回のコマンド。

入力補完など、基本中の基本、
普通にログインすると、何度も繰り返し打つ
コマンドなのに、red hat(レッドハット)のように操作できません。

じゃ、検索で・・・・

なぜ??
hp ux コマンドがなぜ、検索にヒットしない?

こんな基本的なコマンドすら、なかなか検索にヒットしません。

なんで??



hp ux コマンド
入力補完 Esc (Esc)
(入力補完のため Escを打つ) Escを1回か、2回
前回のコマンド Esc + =
Escape(エスケープ)キーとイコール

ksh Korn Shell
posted by Linux at 17:14 | 神奈川 | hp-uxコマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月27日

hp uxで入力補完したい

hp uxで入力補完したい

red-hatなどで
tabキーで、入力補完できますが。

hp uxでは、
tabキーで、入力補完できません。

全て入力するの、面倒です。

Googleの検索の結果分かりました。

hp uxで入力補完する方法が。


hp uxでは、Escキーが、tabキーと同じ様なものです。

ですので、
下記のようになります。
red-hatなどで
tabキーで、入力補完

hp uxでは、
Escキーを2回押す、入力補完
Escキー Escキー

Googleの検索でも
なかなか、hp ux コマンドや、
hp uxの事に関して情報が少ないようですね。
なかなか、見つけるの難しかったです。

hp ux コマンド

hp ux コマンド 入力補完
Escキー Escキー
Escキーを2回押す
red hat tabキー
posted by Linux at 07:08 | 神奈川 ☁ | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月20日

hp-ux 前回のコマンド実行する

hp-ux 前回のコマンド実行する

hp-uxで、前回のコマンドが分かりません。

ネット検索しても、historyコマンドとか
!!コマンドとかはヒットしましたが。


なぜか、historyコマンドでも
前回のコマンドが打てないです。

!!でも、前回のコマンド打てないです。

やっと、分かりました。

hp-ux コマンドの前回のコマンド実行するには
「Escキーと kキー」で前回のコマンドが実行できるようです。

redhatなどの、矢印キーの上や、下で前回コマンドを
出力し実行できるのと同じものが

hp-uxでは、「Esc」と「k」のようです。
「Esc」を押しつつ、「k」を押すというように。

hp-ux コマンド 前回のコマンド
Esc k
posted by Linux at 21:42 | 神奈川 ☁ | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月04日

hostsファイルの書き換えが反映されない 解決

hostsファイルの書き換えが反映されない 解決


OS Winxp

hostsを設定し、Tera Term (テラターム) でHP-UXへ接続・・・

接続できないところでした。

IPアドレスでは接続できてました。

なので、hostsファイルの書き換えが反映されないという点から

本日、

hostsファイルの書き換えが反映されないので
下記を実施。
------------------------------------------------------------
1
hostsのプロパティを開いて、「セキュリティ」タブ
「使用中のユーザー」「Administrators」「SYSTEM」の3つしか表示されていませんか?
「Users」と「Power Users」を追加
-------------------------------------------------------------

細かくは、変更前のhostsファイルをbkとして保管し
各サーバーのhost名が掛かれたhostsファイルを配置したのです。

やはり、host名が掛かれたhostsファイルの「セキュリティ」タブをみると
上記の3つのみ。

実際には
追加せずに、bkとしていたファイルに、もらったhostsファイルの内容を記載。

その後、念のため、hostsのプロパティを開いて、「セキュリティ」タブを確認。

今度は大丈夫そうです。

コマンドプロンプトでも、ping host名で確認できました。

Tera Term (テラターム) でも、HP-UXへ接続。
host名で接続です。

成功したようです。

hostsファイルの書き換えが反映されない 解決


OS Winxp
タグ:hosts
posted by Linux at 21:04 | 神奈川 ☁ | WinXPhosts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hostsファイルの書き換えが反映されない

hostsファイルの書き換えが反映されない



OSはWinXPです。

hostsファイルの書き換えが反映されないません。

Googleで「hostsファイルの書き換えが反映されない」で検索すると
たくさんヒット。

下記の1が一番、「hostsファイルの書き換えが反映されない」を解消されそう。
今日実際に対応してみます。
===============================================================
1
hostsのプロパティを開いて、「セキュリティ」タブ
「使用中のユーザー」「Administrators」「SYSTEM」の3つしか表示されていませんか?
「Users」と「Power Users」を追加
-------------------------------------------------------------
2
ipconfig /flushdns
-------------------------------------------------------------
3
再起動
-------------------------------------------------------------
4
hostsを上書きする
===============================================================


hostsファイルの書き換えが反映されない

タグ:hosts
posted by Linux at 07:14 | 神奈川 ☀ | WinXPhosts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月23日

linux rootでsshでログインできない

linux rootでsshでログインできない

/etc/ssh/sshd_configの「PermitRootLogin」が「no」jになっているからのようです。


/etc/ssh/sshd_configの「PermitRootLogin」が「no」に設定されています。
「yes」を設定して、デーモンを再起動します。


serviceコマンド sshdを再起動

service sshd restart

基本的に、rootでsshはセキュリティ上
許可しないようですね。google検索では、そのような事たくさんヒットしました。


linux rootでsshでログインできない

/etc/ssh/sshd_config
「PermitRootLogin」「no」 root許可しない
「PermitRootLogin」「yes」 root許可しない
posted by Linux at 08:48 | 神奈川 ☀ | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月20日

削除ポリシーを過ぎたものを削除される

shellのテストをやってます

shellの中で
ADRのログを削除する箇所があります。

削除ポリシーを過ぎたものを削除されるというもの。
(oracleの設定気づかず・・・・)

shellの削除される個所
purge

特に削除ポリシーを経過したものをしていしてる箇所ないです。

---------------------------------------------------
purge
デフォルトの削除ポリシーに基づいて、カレントADRホーム内のすべての診断データを削除します。
---------------------------------------------------
分からず、最小限度の影響で
実際に、おそるおそるテスト流すと
削除ポリシーの経過分のみ削除されています。

現場は、ネット繋がらないので
今、自宅で検索すると

削除ポリシーの指定は
oracleで行っているよう。

oracleのサイトより
自動診断リポジトリ(ADR)の削除ポリシーには、SHORTP_POLICY と LONGP_POLICY の2つが用意されており、
ディレクトリごとにどちらが適用されるかが決められています。

SHORTP_POLICY
デフォルトでは 720 時間( 30 日 )に設定されている。alert ディレクトリなどに適用される。
LONGP_POLICY
デフォルトでは 8760 時間( 365 日 )に設定されている。trace ディレクトリや cdump ディレクトリに適用される。


この2つの削除ポリシーは ADR ホームごとに設定できるようになっており、確認・変更は ADRCI で行うことができます。


削除ポリシーの確認には、SHOW CONTROL コマンドを使用します。

ADRCI

ユーティリティが起動され、次のプロンプトが表示されます。

adrci>
adrci> show control
下記の値で削除ポリシーの値が決まっているようです・・・・
SHORTP_POLICY
LONGP_POLICY
posted by Linux at 06:26 | 神奈川 ☀ | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月08日

sarコマンド

sarコマンド

バイナリデータでファイルを作成する
sar -A -f ファイル名

-A 全情報表示


sarコマンドで作成したファイルを見るには
sar コマンド 見方
sar -A -f ファイル名


バイナリ
linux
sar コマンド
sar 見る
見方

サイバーエージェント株 売り買いblog
徳山秀樹の投資資金1000万円で、毎月100万円を安定的に稼ぎ続けているデイトレード連勝法
株投資 安定的に稼ぎたい スイングトレード デイトレード連勝法
posted by Linux at 06:45 | 神奈川 | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月05日

sshと、bashを1行で実行する

bash -vx シェル名

ssh -n ホスト名 シェル名

ssh -n
-n 標準入力からの読み込みを禁止します。
---------------------------------------------------
下記コマンドを1つにして実行
bash -vx シェル名
ssh -n ホスト名 シェル名

ssh -n ホスト名 bash -vx シェル名

いちお、エラーなく実行できたみたいです。

戻り値も
echo $?
0
0が返されたので、うまく動いてるようです。


ssh -n ホスト名 bash -vx シェル名
sshと、bashを1行で実行する

shell
linux
red hat6
posted by Linux at 21:37 | 神奈川 | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bash -vx

bash -vx

bash に「-x」
変数に設定されている値などを確認することができる。

bash に「-v」
「-v」オプションは、シェルスクリプト内でこれから実行されるコマンドを表示する。


shell
linux
red hat
posted by Linux at 21:31 | 神奈川 | コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Linuxリナックス.LPIC